モーニング娘。のすべて

海外公演

モーニング娘。の活動

海外公演

モーニング娘。の初の海外公演は、2008年の5月に台湾にて行われました。この時、36枚目のシングルであるリゾナント ブルーを韓国と同時リリースしています。

また上海万博の事前にイベントである放歌世博に、日本代表として出演し、日本人アーティストとしてはモーニング娘。が日本初出演でした。上海万博の事前活動であったことから、セリーヌ・ディオンなどの海外のビックアーティストが多数出演していました。

韓国でモーニング娘。は、早安少女組といい、中国人留学生のリンリンとジュンジュンを迎えていたことから、韓国でも高い人気がありました。この時の韓国公演をきっかけに、アイスクリー娘。や大小姐)といった台湾など海外でのハロー!プロジェクトメンバーも増える事となりました。また、2010年には中国における紅白歌合戦の位置づけにある春節聯歓晩会にも、日本人初出演を果たしています。

モーニング娘。は、現在は国内のファンよりも、海外のファンの方が多いのではないかと言われています。Youtubeでライブ映像やPVが流れていることで、海外のファンも気軽にモーニング娘。を見る事が出来ます。

モーニング娘。のダンスを真似して踊る自身の動画を、同じようにYoutubeにアップしている海外のファンが多くいます。ダンスのクオリティーなどが高く評価され、衣装なども真似してみんなで踊っているそうです。また、なにかと比較されがちなAKB48は、国内の知名度はあがっていますが、海外ではモーニング娘。のようにはまだ、認知されていないようです。

スポンサードリンク

Copyright (C) モーニング娘。のすべて All Rights Reserved