モーニング娘。のすべて

1期

モーニング娘。のメンバー

1期

モーニング娘。の初代メンバーは、もともとモーニング娘。になろうとして応募した人達ではありません。ASAYANという番組内で、つんく♂による「シャ乱Q ロックボーカリストオーディション」に応募をしてきた人達です。

シャ乱Qロックボーカリストオーディションで優勝した平家みちよは、ソロでデビューを果たしました。この時、最終選考まで残ったにも関わらず、惜しくも落選となった中澤 裕子、石黒 彩、飯田 圭織、安倍 なつみ、福田 明日香の5人をつんく♂がアイドルグループとして、プロデュースしたことで結成されました。

メジャーデビューの条件として、愛の種というCDを手売りし、一定期間内に5万枚を売る事が出来ると言う条件で、ナゴヤ球場にて5万枚完売をする事ができ、はれてメジャーデビューとなりました。

モーニング娘。のメジャーデビュー曲は、モーニングコーヒーは20万枚以上を売り上げています。初期のメンバーで初代リーダーは中澤裕子で、モーニング娘。メンバーで最年長であったことから、姉御的存在としてメンバーに慕われていました。石黒彩は、鼻ピアスが特徴的で、他メンバーに比べてロック雰囲気が人気を集めていました。

モーニング娘。を卒業後は、ロックバンドのLUNA SEAのドラマーと結婚した事でも話題となりました。飯田圭織は、中澤裕子が卒業後2代目リーダーとして勤め、モーニング娘。の顔として、長い卒業後も人気のあったメインボーカルの安倍 なつみ、最年少でありながら高い歌唱力のあった福田 明日香の5人で結成されていました。

スポンサードリンク

Copyright (C) モーニング娘。のすべて All Rights Reserved